H O M E 概  要 社協の仕事 相談窓口 こ よ み ともだち作業所








社会福祉協議会が茂木町で果たす役割
@茂木町に暮らす人たち、特に支援を必要とする人たちが、暮らしの不便さを少なくして、暮らしやすくなるための手助けをします。
A支援を必要とする人たちへの地域の力をつなぐことに務めます。
B支援を必要とする人たちへの日常の見守り活動を地域の力を生かして進めます。
C日常の見守り活動を通して、必要とされる生活支援を地域福祉として実践します。
D日常の見守り活動を非常時の対応に結び付ける体制整備をします。
E福祉制度を利用することが必要な人を、該当する福祉制度に結び付ける手伝いをします。
F地域の人たちの持っている力を引き出していきます。

事業実施に当たっての基本的な考え方
@支援対象を、日常生活をする上で困っていることがあったり、支障のあったりする世帯とします。
A支援の方法、または対象者の把握を、寄り添い型(伴走型、あるいは訪問相談型)支援を重視します。
B包括的な支援を目指すため、事業の展開を単発的な事業ではなく、包括的複合的事業になるようにします。支援者、関係機関との連絡調整に務めます。
Cすべての支援の視点を、子ども・子育て支援を中心として進めます。
Dすべての支援の効果を、就労または社会貢献にして、支援対象者が町に必要な存在であるというところに置きます。



     重点目標

1.地域での見守り活動を推進します。
2.障がい者生活支援センターを中心とした訪問相談支援をします。
3.相談支援を基にした地域福祉活動を推進します。
4.支援対象者に合った居場所づくりを、町にあるさまざまな社会資源に注目し推進します。
5.日常生活支援体制を整えていきます。
6.福祉の担い手づくりをします。
7.非常時の要援護者支援体制を実践します。
8.地域福祉活動計画策定(道草プロジェクト)に取り組みます。