H O M E 概  要 社協の仕事 相談窓口 こ よ み ともだち作業所








 社会福祉協議会は、社会福祉法に基づき、市町村ごとに設置されています。社会福祉活動を推進することを目的とし、営利を目的としない民間組織です。
 地域福祉の推進を目的とするものであれば、地域の実情に応じて、いろいろなことに取り組むことが可能な組織です。場合によっては、福祉制度の隙間にある地域住民のニーズに柔軟な対応をすることも可能になってきます。このためには、まず地域住民の皆様が社会福祉協議会の会員であるという自覚と参加により、地域での必要性を敏感に受け止め、そのときの要求に即した活動が求められます。
 茂木町社会福祉協議会の会員として、1年間に1口300円、特別会員1口1,000円の会費を集めさせていただいています。主に各行政区で取りまとめていただいています。社会福祉協議会が民間組織としての自主性を持つ立場をとり、独自な活動をするためにも、自主財源が大切な意味を持ってきます。自主財源となるのは、主にこの社会福祉協議会会費と共同募金配分金です。
 会費は、行政区で取りまとめしていただく段階で、社会福祉協議会についてご理解いただき、会員の意味と会費納入の意味合いをお考えいただくこと自体大切なことになります。
 さらに、会費を納めていただく会員の皆様に参加していただき、茂木町に合った福祉活動を進めていく必要があります。茂木町社会福祉協議会にとって大切な活動源として皆様の会費を福祉活動に生かさせていただきます。
 身近なところから福祉活動に参加するなど、社協の一員として地域住民の皆様の地域福祉活動への積極的な参加をお願いし、一緒により住みよい地域づくりをしてきたいと思います。